モニターの選び方と保護フィルムの必要性

マルチディスプレイに適したモニターの選択ポイント

PCを使用する上で作業効率の向上が図れるマルチディスプレイですが、それに適したモニターっていうのはどうったモニターでしょうか?
どんなモニターでもつなげられればよいのでは?と思いますが、より良い環境づくりには、かかせないポイントがいくつかあるので紹介いたします。

できれば同じモニターにする

当たり前ですが、同じモニターなら発色などで、差異がなく、左のモニターで良い色だったのに右のモニターで出力してみたら、駄目だった・・・という違和感が生じてしまいます。
逆に発色を色々変更して見てみたいという方にはばらばらもオススメかもしれません。

高さ調節ができるモニターにする

モニターの首の部分などで、高低差が調節できるものは、モニターを置いている机で凹凸や設置場所を選ばす高さを調節できるので、配置がしやすいです、アームにする場合は気にしなくても良いと思います。

視野角が広いモニターにする

設置するにあたって、モニターを増やせば、だんだんと顔からモニターを見る位置が幅広くなります、視野角が狭いモニターだと横から見て薄暗くなったり、あまつさえ見えないのでは話になりません。

縦回転対応モニターにする

あまり必要が無いと思われますが、あると非常に便利です、長文の資料閲覧、攻略サイト閲覧、シューティングゲームの表示、折角マルチディスプレイなのですから、変わったことができた方が良いに決まってます。

入力端子が沢山あるモニター

PCからの出力端子がいっぱいある場合は良いですが、できればモニター側にも沢山あると、いざというときの対応ができてよいです。上記の点を兼ね備えたモニターを選択すれば、マルチディスプレイは非常に楽しいものになります。ゲーミングPCの性能にもよりますが、ゲームをプレイしながら、攻略サイトを見たり、チャットをしたり、ときには動画を見たりなどもできます。

パソコンモニター用のおすすめ液晶保護フィルム

長時間パソコンと向かい合うと非常に目が疲れます。最近ではブルーライトなどの問題が指摘されているので、できればそういったものをカットしてくれて、液晶が見やすい保護フィルムがあったらと思います。
そこで、今回はオススメの保護フィルムを紹介したいと思います。

サンワ ブルーライトカット液晶保護シート

サンワ ブルーライトカット液晶保護シートは10.1〜23インチまで対応しているので、大画面モニターでは使用できませんが、タッチパネルやペン入力にも対応しているので、そういった面でも保護シートの役割も大きいです。
表面にツヤが出るタイプなので、液晶がより綺麗に見えます、気泡がつきにくいタイプなので、こういったシール貼りが下手な方にも便利です、私もド下手なので助かります。

エレコム 大型モニター保護シート

在庫があるだけの分になってしまっているようなので、大型TVや大型モニターを保護したい人はおはやめに(一部在庫切れ)
最近の大型TVの液晶は丈夫になったといっても、やっぱり保護はしておきたいと思います、以外に静電気による画面へのホコリ汚れって実は凄いんです。

エレコム PC用液晶保護フィルム

サンワと比較するとややお値段が高くなっております、最大24インチまであるようです。
最近は、タブレットやスマートフォンが普及したせいか、あまりモニターが売れてないのか、モニターの保護シート自体の共有が少なくなっているようです。
液晶も丈夫なものが増えているとはいえ、やはり保護できるものは保護したいと思いますので、ある意味早めに購入をしておいたほうが良いのかもしれません。
もし、今後もPCと向かい合う機会が多い方は、早目に自分のモニターにあった保護シートを手に入れておきたいものです。